内祝いを贈る時期

赤ちゃん誕生の喜びを祖父母や兄弟、親戚、友達などと分かち合いたいという気持ちからくるのが内祝いです。

お祝いのお返しという意味で使われる場合が多いですが、本来は周囲の人に贈り物をして喜びのおすそ分けをするという意味合いの方が強いのです。ただ、現在は前者の意味で取る人が多いので、「こちら内祝いです」と言ってお祝いのお返しをするのでもかまいません。

ただ、お祝いをもらっていない相手に内祝いと行って物品などを贈るのは控えたほうがいいです。何もしていないあいては恐縮してしまいます。なので、カードを贈るなどすれば十分でしょう。

赤ちゃん誕生の内祝いに関しては、出産から1か月くらいの間に贈るようにしましょう。もし出産祝いを生後一か月以降にもらった場合は過ぎていても構いませんが、通常はお宮参りを済ませる前後くらいまでには内祝いを贈っておきたいところです。


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “内祝いを贈る時期”




By submitting a comment here you grant ナウは君の幻影 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.

*