訃報を受けたときの対応

危篤の連絡があったら、すぐに駆けつけるようにしましょう。お知らせを受けたということは、意識のあるうちに会っておいてほしいということです。なのでそれだけ一刻を争う事態になっているということでもあります。なので、連絡相手にはしっかりとどこに行けばいいのか確認しておいてください。相手の方が動転していて、教えてくれないこともあるので落ち着いて対応し、病院の住所や病室番号、電話番号などを詳しく聞いておきます。

駆けつける際の注意点としては服装があります。普段着でもよいですが、派手な格好は控えましょう。ただ、外出先から駆けつける際は家に戻る時間がないかもしれないので、その場合は仕方ありません。

遠くから駆けつける場合は、万一に備えて喪服を持って行った方がよいかもしれません。その場合はコインロッカーにしまっておくなどして、先方に失礼のないようにしましょう。何事もなければ、そのまま持って帰ればいいだけですし、必要になったら取りに行って着替えましょう。
葬儀の比較をして格安のお葬式


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “訃報を受けたときの対応”




By submitting a comment here you grant ナウは君の幻影 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.

*