四十九日の意味は?

仏教には「四有」(しう)という考え方があります。誕生の瞬間が「生有」、死ぬまでが「本有」、死ぬ瞬間が「死有」、そして死後から転生するまでが「中有」となります。「中有」のことは「中陰」ということもあり、忌明けまで遺骨を安置する祭壇の事を中陰壇といいます。

そして、中有とは死後49日までのことをさしており、それまでに死者の運命が決まってしまうと言われています。それまでは死者の魂はまださまよっており、遺族は成仏できるように鎮魂の意味を込めて法要などをあげるのです。四十九日以降は忌明けとなり、死者は次の生に向かったとされます。

そのため、四十九日までは 初七日法要、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日と比較的ひんぱんに法要を行いますが、それ以降は一周忌、三周忌と一気に頻度が少なくなるのです。

なお、回忌法要は三十三回忌まで行い、それ以降はしないことが多いですが、厳密には百回忌までやることになっています。


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “四十九日の意味は?”




By submitting a comment here you grant ナウは君の幻影 a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.

*